法律に強くなる行政書士と言う職業

弁護士というとわかりやすいですが、行政書士と言うと、どういったイメージでしょうか。弁護士さんには、法律関連のことをいろいろと聞いたり、裁判になったりする場合にはお願いしたりして、全面的に頼っていくという印象がありますが、行政書士さんには、どこまで頼っていいかと言うことはわかりにくいのではないでしょうか。
行政書士さんも、弁護士さんと同じように、法律には強い人です。いろいろと相談事をしても大丈夫ですし、役所に提出しなくてはならない書類の作成などもお願いすることができるのです。実際、行政書士さんに向けて相談される内容としては、不動産の登記に関して迷っていることがあるのだけれど、作成を代行してほしい、というお願いだったり、法律関連のことにおいて、裁判が発生してしまった場合にも、お願いすることができませんか?といった依頼だったり、そのお悩みの幅は様々で、いろいろな相談をされるようです。
弁護士さんや税理士さん、行政書士さん、司法書士さんなど、法律をしっかりと勉強していて、いろいろな書類作成や相談事ができる職業に就いている人はたくさんいらっしゃいます。どこまでの範囲内までを誰に相談するかと言うことは少し難しいことかもしれませんね。
それぞれのお仕事に範囲と言うのはありますが、しっかりと法律を熟慮し、判断していかなくてはならないというお仕事です。行政書士のお仕事の特色としては、登記に関する仕事に強いということが言えます。不動産や商業登記に関する分野です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>