行政書士に向いている人とは?

行政書士の仕事に興味を持っている方はけっこうたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。自由業のような感覚で考えている人も多いかもしれませんね。行政書士のお仕事の実態は、どういったものなのでしょうか。
華やかそうに見えても、意外とやっている仕事は地味なものであるという見方もあるようです。華麗に相談事を解決していくようなイメージも、テレビドラマや映画の世界などでは見受けられるかもしれませんが、実際のところ、日々の仕事としては、書類整理や黙々とオフィスワークをしているという実態になるのです。
役所などに提出しなくてはいけない書類を黙々と作っているという仕事内容が多いようです。これも、難しいものではなくて、毎回やっていればコツもつかんでいきますし、ルーティンワークとしてこなしていけるものと言えるでしょう。
一日中、オフィスワークをしたりと、事務職や経理などの職に就いていて、それを苦に思わないという人もたくさんいらっしゃることでしょう。そういった方にとっては、行政書士は向いている職業ともいえるのではないでしょうか。

しかしながら、オフィスワークをのみを淡々とこなしていればよいかと言いますと、やはり法律に関しての相談業務なども大事な仕事内容になってきますので、他人とのコミュニケーション能力をしっかりと持っておくことや、応用力なども必要となってきます。
暗記をするだけの学習のみならず、実際に使っていくためにはどういった能力が必要となっていくのかを考えていかなくてはいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>