わかりづらい?行政書士の仕事内容

行政書士という仕事は耳にするけれど、その実際のお仕事内容はつかみにくいというか、何をしている人でしょうか?と聞かれてもわからないという人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。パッと答えにくい職業でもあります。
役所に提出するべき書類を作ることであったり、遺言書や各種書類の作成について相談を受けたり、不動産の登記に関する書類を作ったりしています。書類関係の事務的な作業が大半を占めると言っても良いかもしれませんね。
弁護士さんの、弁護士事務所と言うのはみなさんもよく聞いたことがあるのではないでしょうか。それと同じく、行政書士という職に就いている人も、行政書士事務所と言った事務所を構えて仕事をしている人も多いです。弁護士さんのように、相談を受けるような形で仕事を依頼されてこなしていくというイメージでしょうか。
弁護士さんのように華やかに事件を解決していったり、法廷にて、あざやかなプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を発揮して注目される、なんていうドラマの世界観よりは、日頃は書類作成をしている人、というのが実際の仕事内容と言えるかもしれません。もちろん、行政書士も法律関連の相談には乗りますし、資格取得のためには法律関連の学習をしていることが必須となります。
相談してくれる人に誠意を持って解決していくため、法律という知識はしっかりと持った上で日々の仕事に励んでいきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>