miryoku のすべての投稿

挫折しないで勉強を続けるために必要なことは?

行政書士試験に必要な勉強時間は、人によって違いますがはじめて法律の勉強する場合1000時間以上必要とも言われています。
勉強時間からみてもかなりの難関資格になりますが、仕事や育児などと勉強を両立させて合格している方も多くいらっしゃいます。
長い期間勉強することになりますが、途中で挫折しないためにはどのように工夫しているのでしょうか。

空き時間を上手に活用することです。
通勤中、トイレタイム、ランチタイム、早起きなど自身の生活の中から勉強にあてられる時間を積極的に作って、少しずつ積み重ねていきましょう。
ただし、休みの日などはまとまった勉強時間を確保することも大切です。

過去に行政書士の受験経験がある・法律知識がある方などは、仕事をしながらでも短期間での合格を目指すことも可能です。
しかし、法律知識があまりなく資格取得に専念できない人が短期間の合格を目指すにはかなり難しいです。
勉強期間を長めに取るなど、自身の生活環境と照らし合わせて挫折しにくいスケジュールを立てるようにしましょう。

法律の勉強を全く初めての人がテキストを読むと、何のことが書いてあるかほとんど分からないです。
最初のうちは勉強時間を少なめに設定する代わり毎日続けることに重点を置いて、法律用語に慣れてきてある程度軌道にのってから勉強時間を増やしていくと良いでしょう。
また、最初から全てを完全に理解しようとするといつまでたっても先に進まず挫折につながりかねないので、最初の1ヶ月~2ヶ月間は用語に慣れることに重点を置いて勉強していきましょう。
行政書士試験で人生を変える方法

行政書士になるため法律を覚えよう

あなたは法律に関して、どこまで知っているでしょうか。法律と言うのは、一回決まったら一生そのままと言うことはありません。生ものだという言い方がありますが、一度決まったとしても、不都合なことがあれば改正されることもありますし、実験的に施工されて、また一部修正していくというやり方もあります。

たとえば、円滑に行われていたことでも、事故などが起きてしまい、遺族から申し立てなどがあり、法律をさらに厳しいものに変化させると言ったことはよくあります。交通事故などがこれにあたりますが、一般的に良く行われることです。このように、法律は日々変わっていくものですので、それに準じて覚えなおしていくということが必要不可欠なこととなります。

弁護士や行政書士と言う職業を目指しているという人は、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。こういった職業と法律は、切っても切れない関係性にあります。ですから、日々しっかりと法律を頭に入れていくことが大事なこととなってきます。

行政書士を目指すのであれば、不動産登記に関する部分や、役所に提出する書類関係のことに強くないといけません。資格勉強をする際にもそういった事項はたくさん出てくるのではないでしょうか。資格取得までの道のりも平坦なものではありませんし、資格を取った後の就職も簡単なものではないかもしれません。しかし、人の役に立てる仕事ですので、誠意を持って臨みましょう。

わかりづらい?行政書士の仕事内容

行政書士という仕事は耳にするけれど、その実際のお仕事内容はつかみにくいというか、何をしている人でしょうか?と聞かれてもわからないという人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。パッと答えにくい職業でもあります。
役所に提出するべき書類を作ることであったり、遺言書や各種書類の作成について相談を受けたり、不動産の登記に関する書類を作ったりしています。書類関係の事務的な作業が大半を占めると言っても良いかもしれませんね。
弁護士さんの、弁護士事務所と言うのはみなさんもよく聞いたことがあるのではないでしょうか。それと同じく、行政書士という職に就いている人も、行政書士事務所と言った事務所を構えて仕事をしている人も多いです。弁護士さんのように、相談を受けるような形で仕事を依頼されてこなしていくというイメージでしょうか。
弁護士さんのように華やかに事件を解決していったり、法廷にて、あざやかなプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を発揮して注目される、なんていうドラマの世界観よりは、日頃は書類作成をしている人、というのが実際の仕事内容と言えるかもしれません。もちろん、行政書士も法律関連の相談には乗りますし、資格取得のためには法律関連の学習をしていることが必須となります。
相談してくれる人に誠意を持って解決していくため、法律という知識はしっかりと持った上で日々の仕事に励んでいきたいですね。

法律に強くなる行政書士と言う職業

弁護士というとわかりやすいですが、行政書士と言うと、どういったイメージでしょうか。弁護士さんには、法律関連のことをいろいろと聞いたり、裁判になったりする場合にはお願いしたりして、全面的に頼っていくという印象がありますが、行政書士さんには、どこまで頼っていいかと言うことはわかりにくいのではないでしょうか。
行政書士さんも、弁護士さんと同じように、法律には強い人です。いろいろと相談事をしても大丈夫ですし、役所に提出しなくてはならない書類の作成などもお願いすることができるのです。実際、行政書士さんに向けて相談される内容としては、不動産の登記に関して迷っていることがあるのだけれど、作成を代行してほしい、というお願いだったり、法律関連のことにおいて、裁判が発生してしまった場合にも、お願いすることができませんか?といった依頼だったり、そのお悩みの幅は様々で、いろいろな相談をされるようです。
弁護士さんや税理士さん、行政書士さん、司法書士さんなど、法律をしっかりと勉強していて、いろいろな書類作成や相談事ができる職業に就いている人はたくさんいらっしゃいます。どこまでの範囲内までを誰に相談するかと言うことは少し難しいことかもしれませんね。
それぞれのお仕事に範囲と言うのはありますが、しっかりと法律を熟慮し、判断していかなくてはならないというお仕事です。行政書士のお仕事の特色としては、登記に関する仕事に強いということが言えます。不動産や商業登記に関する分野です。

行政書士に向いている人とは?

行政書士の仕事に興味を持っている方はけっこうたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。自由業のような感覚で考えている人も多いかもしれませんね。行政書士のお仕事の実態は、どういったものなのでしょうか。
華やかそうに見えても、意外とやっている仕事は地味なものであるという見方もあるようです。華麗に相談事を解決していくようなイメージも、テレビドラマや映画の世界などでは見受けられるかもしれませんが、実際のところ、日々の仕事としては、書類整理や黙々とオフィスワークをしているという実態になるのです。
役所などに提出しなくてはいけない書類を黙々と作っているという仕事内容が多いようです。これも、難しいものではなくて、毎回やっていればコツもつかんでいきますし、ルーティンワークとしてこなしていけるものと言えるでしょう。
一日中、オフィスワークをしたりと、事務職や経理などの職に就いていて、それを苦に思わないという人もたくさんいらっしゃることでしょう。そういった方にとっては、行政書士は向いている職業ともいえるのではないでしょうか。

しかしながら、オフィスワークをのみを淡々とこなしていればよいかと言いますと、やはり法律に関しての相談業務なども大事な仕事内容になってきますので、他人とのコミュニケーション能力をしっかりと持っておくことや、応用力なども必要となってきます。
暗記をするだけの学習のみならず、実際に使っていくためにはどういった能力が必要となっていくのかを考えていかなくてはいけませんね。

行政書士と言う仕事の魅力

将来、行政書士という仕事に就きたいと思って努力している人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。覚えることもたくさんありまして、資格を取るのも簡単なことではないですが、本当にやりがいがあり、相談してくれる方達にも感謝されるお仕事なのではないでしょうか。
行政書士という仕事を目指している人にとっては、なにかきっかけがあって目指し始めたのだと思いますが、とても魅力のあるお仕事です。

法律関係の事項など、覚えていかなくてはならないことも本当に多岐にわたっていて、暗記事項や応用していかなければならないことなどがあり、頭を使うお仕事ですが、それだけに働くことのできるフィールドもとても広く、そのぶん報酬も望めるということになります。
資格を持っていることで、活躍できる場がとてもたくさん広がり、個の能力として重宝されるでしょう。国際化も進んできていることもあって、外国人の方のお悩みに関するアンサーをするということで、仕事も増えてきていると言えます。
書類の作成などといった細やかな仕事が多く発生してきますので、事務的な作業をしていることも多いですが、やりがいはたいへんある仕事です。男性である、女性であるということは関係なく、誰でもやっていけるお仕事です。
資格も、国家資格となりますので、胸を張って仕事をしていくことができるのではないでしょうか。勉強することが多くて大変ですが、とても魅力あるお仕事です。